美容整形の一つの脂肪溶解注射について

美容整形と一言で言っても色々な整形があり、シミやシワを改善する、鼻を高くする、胸を大きくする、などといった整形があります。その中でもここでは脂肪溶解注射について簡単に紹介します。脂肪溶解注射というのは、身体の気になる部分の脂肪を取り除くための方法であり、同じような方法としては脂肪吸引があります。脂肪溶解注射の場合は薬剤を気になる部分に注射するだけなので、施術時間は30分もかからずに終わる事が多く、身体への負担もほとんど無いです。

一方、脂肪吸引の場合はメスで切開する必要があるために、身体への負担はかなりあります。脂肪溶解注射は切らない脂肪吸引と呼ばれるように、比較的お手軽に無駄な脂肪を取り除く事が出来る美容整形となっています。薬剤についてはどの病院で施術を行うのかによっても変わってきますが、現在主に使われているのはフォスファチジルコリンが主成分となっている薬剤です。このフォスファチジルコリンというのは大豆由来の成分であるために、大豆アレルギーでない限りは安心して利用する事が出来る成分です。

脂肪溶解注射は薬剤を注入するとすぐに脂肪が溶け出すわけでは無く、しばらく時間をかけて少しずつ脂肪が体外に排出されます。脂肪を減らそうとする場合には、食事制限や運動をするのが定番ですが、脂肪溶解注射の場合は、お腹や二の腕などの一部の脂肪が気になるという場合に、気になる部分の脂肪に狙いを定めて落とすのに適した美容整形となっています。新宿で二重治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です