美容整形の歴史と現在について

美容整形を行うことで、より一層美しくなりたいと考えている女性は多いです。せっかく美容整形を行うのであれば、完璧な施術を行いたいものです。完璧な美容整形を行うためにも、施術前には美容整形に対する知識を得ておく必要があります。正式な呼び名は、実は美容外科で美容整形というものは、医療分野では存在していない単語です。

こうした治療は、以前から形成外科が施術してきましたが、整形は形成外科からの延長なのです。今日では、女性のみならず男性も美しさを極めるために、施術を行うケースが少なくありません。このような治療は、歴史が古く紀元前には既に確立されていました。日本において行われるようになったのは、第二次大戦の後の昭和53年なので日本では歴史が深いとは言い難いです。

治療としては、身体の機能について治療を行うということではなく、不都合の無い部位を美しくするという観点から行うものです。現在行われている部位としては目と顔、体型や脱毛、バストにスキンケアなどが主になっています。加えて、わきがの治療や多汗症の改善も一般的と言えます。通常の、内科や外科と同じく臨床医学ですが整形は健康保険が適応されません。

機能に不都合が無い部分に手を加えるということなので、自由治療という扱いになり、費用の全てを自分で負担する必要があるのです。近年では、大学病院や総合病院といった施設でも受けることが可能なので以前よりも選べる場所が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です