ガミースマイルを美容整形で治す

ガミースマイルとは、笑ったときに上唇が上がって、歯茎が見える状態を指します。容姿に自信を持てなくなり、メンタル面でも悪影響を与えます。ガミースマイルは、上唇と歯茎の間の口腔前庭部が、普通より広いことが原因です。歯と歯茎のふちから、上唇と歯茎の接合部分までが長くて、上唇が上がってしまいます。

ガミースマイルは、美容整形で改善することができます。美容整形の方法は2種類あって、手術とボトックス注射です。まず手術による美容整形では、上唇と歯茎の間隔を狭くして、歯茎が露出する部分を少なくします。唇の上側から手術をするので、見た目では手術の跡が分かりません。

ただし術後には腫れが現れるので、日常生活にしばらく支障をきたします。一方、ボトックス注射は、現在のガミースマイルに関する美容整形で主流となっている方法です。ボトックスには筋肉の働きを弱める作用があり、筋肉が徐々に萎縮します。上唇の上げ下げをコントロールする上唇挙筋群にボトックスを注入することで、過剰に上唇が上がるのを防ぎます。

注入後はダウンタイムが発生しないので、元の生活にすぐに戻れます。効果は注入してから10日~2週間で現れて、1回の注入でおよそ4ヶ月~6ヶ月間効果が持続します。ボトックスを使った治療は、アメリカの国立衛生研究所で実証されているので、アレルギーテストを行わなくても、安全に受けられます。一度に大量に注入すると効果が強すぎるので、少なくとも2週間は間を空けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です