唇を薄くしたり厚くしたりする美容整形の方法

唇の美容整形は、男女ともに受ける人が多いです。やや厚めの唇は魅力的だとされますが、厚すぎると全体のバランスが崩れてしまいます。そのようなたらこ唇を治す美容整形があります。唇の内側の粘膜状に潤っている部分の余分な組織を、レンズの形に除去します。

口を開けたときに亀裂が生じないように薄く形を整えます。粘膜は皮膚と比べると修復力に優れているので、傷の治りが早いです。個人差はありますが、5~7日間は強い腫れがあります。一方で、唇を厚くする美容整形もあります。

特に唇の先がツンとした「アヒル口」を希望する人が多いです。キュートで魅力的な唇だと女性から支持されています。あまりにも薄くて平坦な唇は冷たいイメージを連想させます。全体のバランスを見ながら、適度な厚みを唇に加えることで華やかさを表現します。

唇を厚くするのには、2つの方法があります。まずヒアルロン酸を注入することです。手軽に行える美容整形です。ヒアルロン酸を注射するだけなので、およそ10分で施術が完了します。

ヒアルロン酸は人間の体に元からある成分なので、アレルギー反応を起こしません。保湿効果の高さかプルプルした唇になります。個人差がありますが、1年間は唇の厚さを維持できます。その後2~3年間かけて体内に吸収されます。

もう一つが脂肪注入法です。半永久的に効果を持続させます。自分が痩せたいと感じる部分から脂肪を取り出して、唇に注入します。注入した脂肪の半分が唇に定着します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です