美白成分を知ってシミ治療

自宅でシミ治療を行うなら、まずは美白成分の働き方について詳しく知る必要があります。美白成分には色々な種類がありますが、それぞれ働き方が異なります。まずは、新たにメラニンが生成されないようにしながら既に生成されているメラニンを薄くしてくれる成分として、ビタミンC誘導体やハイドロキノンがあります。どちらも美白の成分として有名です。

特にビタミンC誘導体は多くの化粧品に含まれており、高濃度な美容液を利用すればより高い効果を得ることができます。肌の漂白剤とも呼ばれるほど強い作用を持つハイドロキノンも強力ですが、刺激が強くて安定性が悪いので、利用するなら皮膚科できちんと処方してもらった方が安心です。メラニンの生成を阻害してくれる成分はたくさんあります。アルブチンやエラグ酸、カモミラET、コウジ酸など多くの種類がありますので、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

新たなメラニンが生成されないようにすれば、自然な肌のターンオーバーと共にシミはどんどん薄くなっていきます。日々のケアで十分に効果を得ることができる方法であり、治療の基本でもあります。最近では美白用化粧水の種類も豊富ですので、選ぶ際にいくつか覚えておきたいことがあります。現在肌トラブルがなく、少しでも早くシミを薄くしたいという場合には、メラニンの生成を抑えながら還元もしてくれるビタミンC誘導体などを選びます。

乾燥肌であったり敏感肌で化粧品によるトラブルが心配な場合には、新たなメラニンの生成を抑えながら美容液などの保湿効果の高いもので治療を行っていきます。新宿でしみ治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です