シミ治療とビタミンC誘導体

シミ治療にはリン酸型ビタミンC誘導体のチカラで、肌悩みにアタックしていくこともできます。ビタミンCは、エイジングケアや、ニキビケアにも有効な成分として認識が持たれています。ビタミンCの栄養成分は、生野菜のサラダで食べるのがいいとも聞きますが、これは加熱で良い成分が失われやすいためです。シミ治療としても優秀なビタミンCは、壊れやすいという弱点も持っている成分です。

スキンケアコスメでも、角質層へ浸透する前に良い効果はなくなるのは難点です。しかし、それだけの美肌効果も期待できる成分ですから、研究においても放っておくはずがありません。ビタミンCを皮膚に浸透させやすくしたのが、ビタミンC誘導体です。美容クリニックや、美容医療の世界においては、もっと効果を向上させるために、リン酸型ビタミンC誘導体が登場したわけです。

リン酸型ビタミンC誘導体は、通常のビタミンCのように、肌へのシが気になることもありません。シミ治療にも効果的なリン酸型ビタミンC誘導体は、普通のビタミンCとは比較にならないくらい、肌への浸透力もたかいものです。リン酸基とビタミンCの結合によってできたリン酸型ビタミンC誘導体は、皮膚への浸透力は、通常のビタミンCの10倍です。これにより、高い抗酸化作用が期待できます。

真皮層のコラーゲンは、加齢とともに減少します。ですがリン酸型ビタミンC誘導体は、コラーゲン成分をサポートする作用もあるため、若々しい素肌になりたい人にとっても、良い味方となってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です