40代の肌悩みとシミ治療

人生も折り返し地点を通過した40代は、シミのタイプにも特徴が見えてきます。40代に入ってから肌に表れるシミは、肝斑である可能性が高まります。治療をしていくにしても、肝斑治療は自己判断では危険です。それは、普通のシミとは違って、肝斑には肝斑にふさわしい治療方法があるためです。

たとえ医療機関であっても、肝斑に普通のレーザーなどを照射してしまうと、余計に色が濃くなったりとトラブルになりやすいです。額や頬骨あたりに、左右対称に淡い褐色をした状態で現れてきます。肝斑かどうかは、皮膚科などプロの目で判断してもらいましょう。プロゲステロンの黄体ホルモンの働きで、肝斑として現れると言われています。

ホルモンバランスの乱れは、大きな原因となりますが、老人色素斑との併発で肌に現れていることもあります。治療を考えるのであれば、美容目的とした肌治療ができる、美容外科や美容皮膚科などでのケアがよいでしょう。美容クリニックでは、その人の肌を判断しながら、適した方法で肌改善へ導きます。メラニンなども含んだ組織破壊をするレーザーもありますし、ハイドロキノンやビタミンCの内服薬だとか、塗薬等を使用するケースもあります。

肝斑であった場合は、老人性色素斑と同じ方法でケアすると悪化します。自己判断でケアしてたら色が濃くなったという人は、早めに皮膚科などの医療機関で、肌のプロに診察をしてもらい、正しい方法でシミの改善をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です