シミ治療における種類を調べる

シミ治療はその種類によっていくつかに分けられます。肝斑、遅発性両側性太田母斑様色素斑、雀卵斑、老人性色素斑の4種類に分けられますが、一般的に行われるシミ治療にはレーザーを用いたものが広く知られています。レーザーにも照射方法や種類が分かれていますが、傷跡が残ってしまったり出血する心配は無いので安全なシミの治療法となっています。QスイッチYAGレーザーとよばれるものは2つの波長の光を出す事ができ、片方はメラニンの吸収率が高く、皮膚の浅い部分に留まる事によりメラニンが原因である場合に用いられるケースが多くなっています。

もう片方は皮膚の奥深くにまで浸透できるので深い部分にある太田母斑などに用います。ルビーレーザーなどに比べて色素脱失といった合併症が起こりにくいという特徴があります。老人性色素斑や雀卵斑の場合、一回で済みますが、照射部分に皮膚の疾患があったり、免疫異常、慢性疾患、妊娠中の人などはレーザー照射を受ける事はできません。また、レーザー以外でもフォトフェイシャルと呼ばれる赤外線と高周波を併用して使う方法もあり、シミ治療の他にも皮膚の張りや小じわなどに改善の効果があるとして期待されています。

その他にも各ビタミンを注射や点滴などで補給したり、古くなった角質を取り除いて新陳代謝を活性化させ、肌サイクルを正常に戻すケミカルピーリングといった方法があります。シミ治療を行う際には、自分がどの症状であるかを知る事が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です