シミはその種類によって治療法も異なる

年齢を重ねるに連れて、顔に多く出てきてしまうシミですが、毎日のスキンケアでも追いつかなくなった場合、美容クリニックでの治療を受けることもできるでしょう。シミには、年齢と共に減少してくるホルモンバランスによってできるものであったり、紫外線によってできるものであったり種類がありますが、治療方法もその種類によって変わってくるものでしょう。皆さんが特に悩まれているシミが、紫外線によるものではないでしょうか。具体的には、老人性色素斑と呼ばれるものですが、この治療法としては、レーザー治療が最適でしょう。

このレーザーは、シミの元であるメラニン(黒く見えているもの)だけに反応します。レーザーをシミ部分に照射することでメラニンが破壊され、分解されたメラニン色素は、日が経つに連れて、お肌のターンオーバーと共に、体外へキレイに排出されることが期待されるでしょう。もし、真皮層などのお肌の深い部分にできたものでも、しっかりと破壊されますし、浅い部分と比べると、メラニン排出にはやや時間はかかりますが、しっかりとターンオーバーによって排出されますので、心配はないでしょう。効果としては、1回の施術でほとんどキレイに取れるでしょう。

施術直後は赤みなどが起こりますのが、時間の経過と共に鎮まってきますので、仕上がりは非常にキレイなものとなるでしょう。またレーザーは、あの脱毛のお手入れにも用いられているように、痛みもほとんど感じなく、危険性もありませんので、安心して受けられるものとなっているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です