毎年多くの人が離婚を決断しています。離婚を考えているならば、弁護士に相談するのが良いです。最近は司法書士や行政書士が離婚の相談を受けることもあります。しかし、行政書士は有料で法律相談をしたり相手と交渉したりするのが禁止されています。

行政書士には書類を代筆する権限しか持たず、依頼主の代理ができないので離婚調停や離婚訴訟に対応していません。一方、弁護士は離婚に関する全ての問題を解決できます。依頼主の代理人になって、協議離婚で相手と交渉したり、離婚協議書を作成したりします。離婚問題は法律の知識が必要です。

夫婦間で法律を知っているかどうかで、不利益な離婚を無意識に行う恐れがあります。1人で調停に望んで、慰謝料の相場が分からなかったり、調停委員の言っていることを理解できなかったりというケースが珍しくありません。実務能力が高いプロに依頼することで、スムーズに話し合いが進みます。また、離婚を考えている夫婦では、相手の顔を見ることすら避ける傾向があります。

弁護士が調停や裁判、毎月の取立てなどを行うことで、相手と会わなければならないストレスを回避できます。さらに離婚の際には様々な書類を提出しなければなりません。裁判に発展すれば訴状や準備書面などを作成します。書面は裁判で重要視される貴重な材料なので、弁護士に依頼して最良な書類を作ってもらうのが良いです。

調停に入る前から弁護士に相談すれば、余計な費用もかかりません。