夫婦の話し合いによって離婚する協議離婚では問題が解決しない場合、夫婦のどちらか一方または双方が離婚調停を望んで離婚問題の解決を進めることがあります。離婚調停では最初から離婚ありきの話し合いではありませんが、調停委員が夫婦の双方から問題の本質を聞いて夫婦間ではできなかった問題の解決を図るように示唆するものだと考えるのが妥当です。ところで離婚調停は裁判所が関わってくるものだからといって、必ずしも法律の専門家である弁護士に依頼して同席してもらう必要はありません。けれども調停委員が夫婦双方からそれぞれの話を聞くときに、時間が無限にあるのではではないことをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

そこで決められた時間の中で自分の話の内容をしっかりまとめ、調停委員にスムーズに理解してもらうにはテクニックも重要な鍵となります。一般の方が皆そうだというわけではありませんが、中にはだらだらと愚痴のように夫婦喧嘩を再現しようとする方もいるものです。それではいくら時間があっても説明にはなりませんし、調停委員の心証もあまり良いほうへ向くとは考えられません。しかし離婚問題に詳しい弁護士であれば必要な内容を正しく表現し、夫婦が解決したいと思っている問題の核心を突くことも可能でしょう。

また万一離婚訴訟へと発展した場合であっても、離婚調停以前などから弁護士に相談していたほうが内容を適切に把握して裁判に臨んでもらえるので安心なのです。広島で債務整理のことならこちら