私たちは、自分の感じた事柄や思いついた意見を自由に発表する権利を保有しています。「表現の自由」は現代の先進国において、ごく自然に保証される大事な権利です。ただし、権利の裏側には必ず責任とリスクが隠されています。残念ながら最近の若者の多くが表現の自由の片面だけを恣意的に解釈しており、「自分の意見は何でも自由にネット上に発表出来る」といった風に受け止められています。

基本的にそういった解釈は正しいですが、表現の自由にも例外は存在していて、例えばデマや明らかな名誉毀損、その他誹謗中傷をする権利は認められていません。その点を理解しないまま、SNSや掲示板に特定個人を執拗にバッシングする意見を投稿する人々がいらっしゃいます。彼らの悪質な行為に頭を抱えるHP管理人、有名人の方々も多いです。投稿内容が脅迫的、あるいは明確な意図を持った誹謗中傷やデマであれば、IT弁護士に助けてもらいましょう。

IT弁護士はその名前の通り、最近流行りのネット炎上やSNSによるデマ、その他ネットトラブル全般に強いです。同じ法律相談をするなら、やはりパソコンやネットトラブルに強いIT弁護士の方が合理的でしょう。法律家に相談をする事で、名誉毀損の書き込みを削除してもらえますし、犯罪的な行為や脅迫的なコメントには法的な手段にて、厳正に対処出来ます。ネット上の迷惑行為は下手に放置し続けると、相手の行動がエスカレートします。

出来れば悪質性が認められた段階で身近なIT弁護士に相談をし、被害が拡大しない間に柔軟な対処しましょう。広島で相続のことならこちら