日本の成長産業として脚光を浴びているのが、俗に言うIT業界です。WEB開発やスマートフォンアプリの製作、アニメやゲーム開発といった分野は、今後更なるニーズの伸びが期待されています。実際に一代でIT企業を一流企業または上場企業に育て上げた人々も珍しくありません。世界中のユーザーとクライアントが顧客に出来るのが、IT系ビジネスのメリットです。

ただし、その一方で日本国内の法律は、残念ながら現実に対して非常に大きな遅れを取っています。欧米諸国ではごく普通に認められるネットビジネスが日本国内では違法、または脱法として認定されるリスクがあります。リスクを取る事がビジネスの基本ですが、著作権や労働契約、またはマーケティングの手法等で揉め事を起こしては企業イメージが傷つくばかりです。ネットビジネスに関わる法律相談はIT弁護士にしましょう。

老舗の弁護士事務所に相談するのも名案ですが、やはり最近のネットビジネスの事情に詳しいIT弁護士の方がトントン拍子で話が進みます。スマートフォンアプリやゲームの著作権などに精通していない方に相談してしまうと、相談する側が何時間もかけて基礎的な知識をむしろレクチャーしなければいけません。それでは二度手間になりますし、明確な解答が速やかに得られません。IT弁護士事務所ではメールやチャット、WEBページのフォームで簡単な相談が出来ますので、IT企業の担当者はそういった新しいシステムを優先して使いましょう。