小型船舶免許を取得しておくと、マリンスポーツや釣りなどが楽しめると話題になっています。1級と2級があり、1級小型船舶免許を取ると海域無制限で船舶の操縦可能です。取得には国家試験を受験する必要があり、学科試験や実技試験があります。実技は一人で学べないので評判の良いスクールで、実技講習を受けるべきです。

2級船舶免許の実技講習では、試験と同じタイプのボートに実際に乗って操船技術を学びます。熱心に学べば確実に覚えられますが、難しいのは船の点検方法やハンドコンパスの使用方法です。講習会では仲間と共に学べるというメリットもあります。学科講習も用意されていて、2級小型船舶免許の場合は操縦者の心得や遵守事項などが学習過程です。

さらに実際に海に出た時に困らないよう、海上での交通ルールなどもしっかり学びます。また小型船舶免許には身体検査もあるのが特徴です。視力や聴覚検査の他に色覚検査などが行われます。気になる視力は両眼で0.5以上あれば良いです。

これは矯正視力でもかまいませんが、免許証に貼る写真はコンタクトではなくメガネをしたものとなります。スクールによっては実技試験免除コースを終了後に実技試験が免除されるケースもあるので、事前に問い合わせると良いです。ホームページから予約や各種問い合わせができる場合が多くなっています。2級実技試験免除コースで10万円前後の費用です。

取得までに2日半程度となっています。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です