誰でも何かしらの趣味を持っているものですが、もし趣味が見つからないという事でしたら、水上バイクを選んでみるのもありです。やはりポイントは、ストレス解消にピッタリという点です。最大の魅力は、何といってもスピードと爽快感と刺激です。それらは日常的になかなか味わえない事ですし、それをもとめて趣味に利用するのはおおいにありでしょう。

色々な趣味の中でも、それを行うために資格や免許が必要になることもあります。その点水上バイクに乗るのであれば、特殊小型船舶免許が必要になりますので、まずは免許を取得することから始めていきましょう。国家試験が必要になる場合と、教習所を利用して国家試験免除となる場合があります。どちらもメリットとデメリットがありますので、自分のニーズに合う方をえらんでいきます。

まず学科講習については結構変わってきます。国家試験を受ける方は自分で学科を仕上げていくことになります。最近ではネットでも問題を取り寄せたり、本でも売られていますし、端末で勉強をすることも出来ますし色々な方法で学習をいします。国から認可されている教習所での学科講習は6時間ときめられていますので、その時間をクリアしてあとは実技講習を受ければ国家試験は免除になります。

修了審査が行われてそこで合格すれば(ほとんどが合格)特殊小型船舶免許が取れます。国家試験を受けると合格しなければ特殊小型船舶免許が取得出来ないので、合格するまで受けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です