小型船舶免許は船の操船免許の事であり、国家資格の1つです。ボート免許等と呼ばれたりもしますが、正式名称は「小型船舶操縦士免許」になります。ちなみに、小型といっても大型バス2台分程で24m未満の大きさのプレジャーボートを操船する事になりますので、小型船舶免許は小舟を動かすイメージとは分けていた方が堅実です。小型船舶免許の種類は、海域の縛りが無く自由に船を動かせる1級を筆頭に岸から5海里までがOKな2級、そして2海里までOKな特殊船舶仕様があって、最後に湖川限定の2級免許があると思って下さい。

一般的に海遊び全般を楽しみたいという人は、「海の普通免許」の呼び声もある2級を取る事が多いのもポイントです。根拠としては、2級でマリンレジャーの要件は大体満たせる事が多く、1級になると100海里を超えた航海が話の大台に上がったりもして専門性が増しますので、職業として必須という様な事が無い限りは2級で手を打つという人が多いという事等があると思われます。海が近い町等では、1級が満18歳で2級以下は16歳から受験出来るという事も相まってか、高校生でも免許を持っているケースも少なくありません。免許の取り方は車やバイクの時と同じ要領で、ヤマハ等が開校している教習所に出向いて、全ての段取を突破した後で試験に合格すればOKです。

本番の試験の方は、実技と学科と健康診断で、船を動かすのに支障がないレベルである事を証明出来れば問題ありません。場合によっては教習所の段階で、実技免除等の特典がある所を選ぶというのも1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です