小型船舶免許というと難しそうな感じもするかもしれません。確かに1級~2級の小型船舶免許に関してはそれなりに日数もかかりますし、学科の方も結構入念にやっていきます。しかしこれが特殊小型船舶免許であれば決して難しい物ではありません。先ずその免許は何の免許かというと、特殊がつくことで水上バイクの免許を意味します。

1級2級の免許とは別のものになりますので新たに取得することが求められます。最初から取得する予定があるようでしたら、1級2級の時に追加をすることもできて、一緒に取得出来て快適です。特殊小型船舶免許を取るためには、大きく分けると2つの方法があります。まずは国から認定を受けている教習所で講習を受講する事です。

規定の講習をクリアしていく必要がありますが、6時間の学科講習と1時間半の実技講習があります。それらをクリアすると、こんどは修了審査がありそこで合否判定となります。何と教習所に通う方法ですと、国家試験は免除されます。国家試験の方が難しい傾向がありますし、それが免除されますのでとてもメリットは大きいです。

もしこれから受ける予定がある方は、もう一つの方法は国家試験を受ける方法ですが、費用はそちらの方が安いので何を重視するかで選んでいくことをお勧めします。特殊小型船舶免許で水上バイクが乗れるようになりますし、後ろに乗せてもらうのと自分で操縦をするのとでは全然違いますので免許を取るのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です