小型船舶免許は取りやすい資格で、国土交通省認可のスクールを利用すれば学科講習や実技講習を受けられます。1級小型船舶免許は人気があり、全ての海域の操縦が可能です。2級小型船舶免許では若干制限があり、海岸から5海里以内となっています。これでもマリンスポーツは十分楽しめるので評判です。

その他水上バイクの操縦には特殊小型船舶操縦士が必要となります。この資格があるとジェットスキーも扱えるので人気です。ただし船舶検査済証に記載されている海域内での操縦となります。1級船舶免許も2級船舶免許でも、扱える船舶のサイズは同じです。

総トン数20トン未満が基準となっています。総トン数20トン以上のプレジャーボートであっても、一人で操縦を行う構造であれば操縦可能です。さらに船舶の長さが24メートル未満なら大丈夫です。その他、漁船のような仕事で使う船舶ではないことも条件となっています。

あくまでもこの資格は、マリンスポーツやレクリエーションのための免許です。尚、船舶安全法上の決まりによって水上ボートは湖川や海岸から2海里までしか航行できません。この場合の免許取得可能年齢は16歳です。1級と2級の場合は免許取得可能年齢18歳となっています。

詳しいことはスクールに問い合わせると良いです。国家資格となり、実技試験や学科試験が必要となります。身体検査があるのも特徴で、視力は両眼で0.5以上が基本です。内科検診では重篤は障害がなければ問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です