ボートを操縦したい、あるいは水上バイクを楽しみたい、そのような時には免許が必要なのをご存知でしょうか。この免許は小型船舶免許やボート免許と呼ばれ、エンジンがついたボートやヨット、そしてもちろん水上バイクも、この免許がないと楽しむことはできません。でも免許を取るのは難しいのではないかと、ついつい二の足を踏んでしまう人もいるでしょう。でも心配は要りません。

最近は免許取得のためのスクールもあり、試験に向けての講習を受けることができますし、実技試験のためのボートの指導もやってもらえます。ちなみに試験は学科試験、実技試験と身体検査があります。身体検査は視力と色覚、そして聴力が対象となります。身体機能に障害がある人でも、問題なしと判断された場合は免許の取得が可能です。

ところでこの小型船舶免許ですが、まず1級小型船舶免許と言うものがあります。海岸から5海里、約9キロメートル以上離れた外洋と呼ばれる場所で、釣りをしたりセーリングを楽しんだりすることができます。それから2級小型船舶免許、こちらは外洋よりももう少し岸に近い沿岸で、やはり釣りやクルージングを楽しめます。そして水上バイク用の免許、これは特殊小型船舶免許と呼ばれていて、ウェイクボードをするにもこれが必要です。

その他には湖でのバス釣りをする人のために、湖川小出力限定免許という免許もあります。また1級や2級を取得して、さらに別の免許を取りたいという場合は、試験の一部またはすべてが免除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です